キーワードライティングについて

WEBライターの場合、テーマが自由という事はほとんどなく指定されたキーワードと文字数で記事を書くケースがほとんどです。
キーワードは例えば生活習慣病に関する事だったり、脱毛サロンに関する事だったり、ダイエット方法の事だったり、メイクの新商品に関する事だったりします。
つまり美容・健康に関するテーマが多いと言えるでしょう。

よく知らない事でもネットで検索して調べれば記事を書く事は可能です。
しかしイチから調べて書くよりも、ある程度知識がある方が調べるのに時間がかかりません。
そのためキーワードライティングでは自分の得意分野を作るといいでしょう。

そして書ける記事のジャンルが広がればそれだけ依頼を受ける事が出来るチャンスが増えて収入源が増えると言えるでしょう。
また女性のWEBライターの中には美容・健康のジャンルを得意とする人はたくさんいます。
逆に女性が苦手とするジャンルを自分は得意ジャンルに選ぶという選択肢もありだと言えるでしょう。

例えばアダルト系の記事だと男性は得意な人が多くても女性はちょっと抵抗があると感じる人も少なくないでしょう。
しかし男性目線ではなく女性目線でアダルト系の記事を書けるという事は強みになるはずです。
またアダルト系はノンアダルト系と比較すると単価が1,5倍~2倍程度高くなっています。
WEBライターの副業は比較的初心者でも始めやすい副業なので単価は総じて安く稼ぐためにはとにかく量をこなす必要があります。
そうなると必然的にたくさんの時間を副業に費やさなくてはいけません。

ですがアダルト系の記事であれば単価が高いので効率よく稼げるというメリットがあります。

派遣で副業をする

■フレキシブルに働く

定期的に仕事をして安定した収入を得るのが一般的な副業のやり方ですが、日雇い派遣や登録制アルバイトといったものもいいかもしれません。
これは希望した日に必ず仕事があるとは限らないことから、定期的な収入が得られないのがデメリットといえます。
しかし、本業を持っていながら副業を行なう場合には、自分で日程の都合をつけやすく本業に差しさわりが出にくい点はメリットといえるでしょう。
毎日毎日本業を終えてから副業を行なうのは体力的・精神的にもきつく、長続きしないこともあるかもしれません。
でも不定期な仕事で自分の都合のいい日程を登録しておけば、気分的にも体力的にも楽です。
特に若いうちなら、いろいろな仕事を行なうことで将来的にきっと役立つことでしょう。
また、現在の本業よりも自分に合った仕事が見つかるかもしれませんよ。

■派遣会社に登録しよう

このようなシステムで副業を考えるなら、まずは人材派遣会社に登録しておくのがおススメです。
自分で仕事を探すのはなかなか難しいですからね。
登録方法は派遣会社により多少異なりますが、まずは身分の証明できる書類と印鑑、バストアップの写真を持って派遣会社に出向きましょう。
そこでエントリーシートに必要事項を記入すれば登録は完了です。
あとは派遣会社からの連絡を待つか、自分から希望の日の前日に問い合わせをするといいでしょう。
連絡は携帯電話でOKです。
報酬の支払いは早いところならその日のうちに支払ってもらえる場合もあるので、ちょっとお金の足りない時などの副業手段として登録しておくのもいいかもしれませんね。

なぜ記事を書いて報酬がもらえるのでしょうか?

Webライターの仕事は、記事を書くことによって報酬がもらえるわけです。
ただ、そもそもなぜ記事を書いて報酬がもらえるのでしょうか?

1つは、いろんなサービスを宣伝するためです。
今は、ネットでの宣伝は当たり前の時代ですから、その宣伝のためには記事が必要となるわけです。
ただ、全ての記事を自分たちだけで作成するのは相当効率が悪いので、外部に発注する方が効率的なのです。

もう1つは、検索順位をアップさせるためです。
アフィリエイト用のブログやホームページは、とにかく検索順位が非常に重要になるのです。
ただ、そのためには大量の記事が必要となり、それもやはり他の人に頼んだ方が安上がりで済むケースが多いのです。

他にも、執筆した記事はメール配信であったり、サイト紹介などいろんなツールに活用されているのです。
だからこそ、多くの個人や法人がWebライターを募集しており、それだけ需要も供給も高い仕事だと言えるのです。

依頼する人によって、とにかく記事の量を重視する人もいれば、質を重視する人もいます。
量を重視する人は、基本的に低単価で仕事を依頼することになりますが、その分質は求められないので、仕事をする側としては気軽に記事を執筆することができるのです。

質を重視する人は、文章構成を厳格に指示したり、それなりの専門知識を求めたりします。
もちろん、単価の方はかなり高めに設定するので、より高単価を求める人にはぴったりなわけです。

ただ、どちらの場合にしても、絶対に自分の言葉で記事を書かないといけませんし、他の記事をコピーすることは絶対NGなのです。

1日に副業出来る時間は?

あなたは1日に何時間の副業なら出来ますか?
もちろんこの問いに対する答えは人それぞれ異なります。
副業をしてお金を稼ぎたいと思っていても、副業をする余裕がないという人も少なくないでしょう。
本業が忙しく、本業で残業をしなければいけない。だけど残業はサービス残業で一切残業代がつかない。
それでは全く稼ぎが増えない上に、副業をする時間を確保する事も出来ません。
ではそんな本業が忙しいけど、副業をして本業以外に収入が欲しいと思っている人はどうすればいいのでしょうか?

その場合、1日1時間でもいいので副業する時間を確保しましょう。
アルバイトなどの副業であれば、本業が終わった後に3~4時間ほど働かなければいけません。
残業をしていたら、それこそ過労になってしまいますし、また睡眠時間を削るしか方法がなくなります。
そんな無理な働き方では倒れてしまうだけです。
倒れてしまえば、本業で働けなくなり、収入が0円になってしまいます。
ですから、ここでは無理せずに1時間だけでいいので副業をする方法を選択してみましょう。
たった1時間で何が出来るの?そう思う人もいるかもしれません。
しかし時間給ではなく、結果に伴う収入ならどうでしょうか?例えば広告収入やYouTubeの動画配信などです。
この場合ならまず1日1時間でもコツコツと作業をし、ホームページでアフィリエイトを貼り付けしたり、動画を作ったりするわけです。
そしてそれらをアップしておけば、後はクリックさせたり、アクセス数が増えていけば収入に結びつくというわけです。
確実とは言えませんが、上手くいけばアルバイトで稼ぐよりも、稼げる副業に育つはずです。

サラリーマンの副業事情

サラリーマンでも年功序列で給料が上がり、そして定年退職するまで同じ企業で働ける。
そんな時代ではなくなりつつあります。加えて年金のもらえる金額が将来減額されるかもしれない。
そんな話を聞くと、大丈夫かな・・・・と不安になりますよね。
まだ夫婦共に正社員として働けている家庭はマシですが、夫婦が非正規社員という若い夫婦も珍しくないでしょう。
そうなると、夫婦の収入を合わせても生活はギリギリ、まして妻が子供を産めばフルタイムで働けなくなり、養育費がかかるようになる。
どう考えても家計は圧迫されてしまうわけです。

そこで本業だけでは給料が足りないのなら、副業で稼ごう、そう考えるサラリーマンが増えるのも当然の結果と言えるでしょう。
さらに今日はパソコンを使って、自宅で副業が出来る時代です。
在宅ワークの仕事の種類もいろいろとあります。
ただし、サラリーマンが副業をする場合、いくつか問題があるので注意が必要です。
1番の問題は確定申告です。年間で20万円以上の収入がある場合は、確定申告を行う必要があります。
そうしなければ会社にも副業がしている事がバレてしまう恐れがあります。
もっとも、まだ仕組みが不安定ですが、マイナンバーにより、副業は簡単にバレるようになったとも言われています。
確かに、銀行へのお金の動きもマイナンバーでは丸裸にされてしまうので副業は一目瞭然です。

ただ非正規社員の場合は、会社自体が副業を認めているところも少なくありません。
なので、確定申告と会社での副業の扱い方は事前に確認しておく事をお勧めします。

Copyright© 2010 家でできる仕事で儲けるコツについて All Rights Reserved.